新旧対照表

新旧対照表

法制執務的には、こういうもの。

http://www.cao.go.jp/houan/164/164-2sinkyu.pdf

正式な原議としては扱われず、参考資料扱いだが、改め文をチェックする議員などいないと思われるので、実質的にはこっちが原議みたいなものであろう。

対照表のフォーマットについては、改め文のように偉い人が本を書いたりしてないので、かなり自由な発想が許されている。

横書きにした場合、左側に旧、右側に新を記述するのが通常らしいが、偏屈な人はその体裁から「これは新旧対照表ではなく旧新対照表だ」等と言い張ったりするらしい。

新旧対照方式の改め文が望まれる。